家計簿アプリ「おカネレコ」の特徴

シンプルで簡単!-シンプルで見やすく、操作もお金の管理も簡単!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おカネレコを起動すると表示される入力画面。
ここにおカネレコの人気の秘密があります。
また、簡単なだけではないおカネレコの便利な機能や
入力をより楽にしてくれる機能もご紹介します。

シンプルな入力画面で、簡単操作

おカネレコの入力画面はわかりやすさを重視して、とてもシンプル。
ムダなボタンはありません。
また、金額の入力は電卓型。
これならだれでも迷わずに入力ができますね。

簡単だけど便利な機能

「だれでも使える」にこだわったおカネレコ。
操作は簡単でも、きちんとお金の管理ができる便利さも兼ね備えています。
ここではその機能をご紹介します。

自動で出費をグラフ化

おカネレコはお金の使い方がグラフで確認できます。
項目ごとに色分けした円グラフで出費の割合が一目瞭然!
お金の使い方が把握できるから、お金の使い方の見直しにつながり、
家計改善の手助けになるかもしれません。

過去のデータもグラフで見られるから、毎月のお金の使い方が把握できます。
また月ごとだけでなく日ごと、週ごと、年ごとにも表示することができます。

見やすいグラフについての詳細は、こちら

毎月の支出額の推移も自動でグラフ化

出費の項目別割合を出してくれる円グラフの他にも、
便利なグラフがあります。
それは、毎月の支出額を月ごとに表示する棒グラフ。
日ごとや週ごと、年ごとでもグラフにすることができます。
これをみれば過去の支出をまとめて把握できますね。

見やすいグラフについての詳細は、こちら

収支バランスを表示

収入を入力しておけば、収支バランスも自動で計算されます。
収支バランスはグラフ画面やリスト画面で確認することができます。
今月は残りいくら使えるかが、すぐにわかります。

入力をより簡単にする便利な機能

また、入力をさらに簡単にする便利な機能もあります。
上手に使いこなして、より簡単・便利な家計簿としておカネレコをご活用ください!

毎月同じ収入・支出は自動で登録!

毎月決まった額の収入や支出は、繰り返し入力として登録できます。
この機能を使えば、収入、家賃の引き落としや保険料の支払など、
毎月入力する必要がなくなり、入力が楽になります。
また、口座引き落としの出費についても、入力のし忘れがなくなりますね。

繰り返し入力機能の設定方法

おカネレコを起動してください。

入力画面下部の「設定」ボタンを押してください。

「集計/記録情報設定」を押してください。

画面をスクロールし、「繰り返し出費/収入設定」を押してください。

「繰り返し入力を追加」を選び、繰り返し入力を設定したい内容を入力してください。

「戻る」を押してください。

「繰り返し入力 繰り返し出費/収入設が作成・修正されました。」と表示されます。

「OK」を押してください。

よく使うお店は店名記録を

入力の際、お店を選べるようにする機能もあります。
よく使うお店を店名リストに登録しておけば、毎回メモ欄に記入しなくても、
どこのお店で使ったお金なのかが簡単に把握できるようになります。
店名リストをカスタマイズして、使いやすいリストで簡単入力をめざしましょう!

店名記録の設定方法

おカネレコを起動してください。

入力画面下部の「設定」ボタンを押してください。

「集計/記録情報設定」を押してください。

「店名記録」の右側のボタンを操作し、オンにしてください。

収入に店名が必要内場合は、以下の設定をしてください。

「集計/記録情報設定」画面で、「店名設定」を押してください。

「収入に店名を登録しない」右側のボタンを操作し、オンにしてください。

店名リストのカスタマイズ方法

おカネレコを起動してください。

入力画面下部の「設定」ボタンを押してください。

「集計/記録情報設定」を押してください。

「店名設定」を押してください。

「店名リスト」を押してください。

編集したい店名を選んでください。
新たに店名を追加したい場合、「+店名を追加」を選んでください。

店名を編集し、「OK」を押してください。

入力時の店名記録の使い方

おカネレコを起動してください。

入力画面で通常どおり入力してください。

「入力」ボタンを押してください。

店名リストが表示されるので、入力したい店名を選んでください。

「OK」を押してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家計簿アプリおカネレコの無料ダウンロード

iOS(iPhone、iPad、iPod touch)をお使いの方はこちらから




Androidをお使いの方はこちらから

Google Play で手に入れよう