家計簿アプリ「おカネレコ」の特徴

見やすいグラフ-自分のお金の使い方が簡単にわかる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家計簿アプリのメリットのひとつが、入力データが自動でグラフ化されること。
見やすいグラフは、簡単に自分の家計簿を振り返るのに役立ちます。
おカネレコには2種類のグラフがあります。
目的に合わせて使い分けてみてください!

項目ごとの支出がわかる円グラフ

ひとつめは円グラフ。
支出項目ごとにどのくらいのお金を使っているかが、ひと目でわかります。
円グラフの表示は、とっても簡単です。

支出項目の円グラフ確認方法

おカネレコを起動してください。

入力画面下部の「グラフ」ボタンを押してください。

おカネレコを起動後、たった1ステップでグラフが確認できます。
過去のグラフを見たいときには、グラフ画面で表示する月を選びましょう。
また、日ごとや週ごと、年ごとで表示するもできます。
グラフ画面下部の「年」、「月」、「週」、「日」ボタンで選択してください。

さらに円グラフは支出項目のみでなく、収入や支払い方法などのグラフに切り替えることもできます。
詳しくは、こちらをご確認ください。
グラフ内容の切り替え(収入・支払い・店名・ラベルグラフの表示)

支出額の移り変わりがわかる棒グラフ

もうひとつのグラフが、支出額がどう変化しているかを見ることができる棒グラフ。
円グラフと同様に棒グラフも、月ごとだけでなく、日ごとや週ごと、年ごとで表示することができます。

こちらの表示も簡単。円グラフの画面で「棒グラフ」のボタンをタップするだけです。

支出額の棒グラフ確認方法

おカネレコを起動してください。

入力画面下部の「グラフ」ボタンを押してください。

グラフ画面の右下にある「棒グラフ」ボタンを押してください。

また、支出項目ごとに絞り込んでグラフ化することもできます。
「食費に使っている金額の推移をみたい」といったときにも、大変便利です。
棒グラフについて、詳しくはこちらをご確認ください。
【おカネレコの使い方動画】棒グラフの表示解説動画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加