住まい考~理想の家は都市部?郊外?家計から考えた理想はどっち

なにごとも便利な都市部、暮らしの豊かさを追求できる郊外。それぞれのメリット・デメリットを、実体験から分析します。ライフスタイル、ライフステージにも大きく左右されるすまい考。住む場所がが家計費に与える影響も含めて、理想の住まいを考えてみませんか。

こんにちは、ローズです。今回は、私の住まい考です。
コロナ禍でテレワークの浸透が見られた頃だったでしょうか、東京の転出超過や地方移住ブームが話題になりましたね。一方その後、「コロナ禍では職住近接が良い」なんて論調も出たりしました。
コロナ禍が収まらないまま2年以上経った今、人々はだいぶ冷静さを取り戻してきているかんじがします。今後はどちらが主流の論調になるか、私もウォッチしていきたいです。

今日はわたくしローズの実体験も交えて、都市部に住まうことと、郊外に住まうこと、比較しながら語りたいと思います。

私は2年前の春に、住居を都市部から郊外へ移しました。コロナが始まる直前ですね。

引っ越し前は、首都圏のとあるターミナル駅が最寄りでした。都市計画が進んで、ブランドマンションがたくさん建設され、ファミリー層を中心に年々人口が増えている地域です。
あまり静かな場所とは言えませんでしたが、駅前には商業施設が立ち並び、スーパー、病院なども数多くありました。教育熱心な親御さんが多く、学力が高いと言われている学校の通学圏であるのも、子育て世代としては安心要素でした。なので、15年間とても満足して住んでいました。

けれど、季節が変わっても街の景色がなにひとつ変わらないというのは、田舎育ちの私にとって違和感があったのも事実です。その違和感が年々増幅していたなか、良いご縁があって郊外へ移り住みました。

引っ越し当日まで、「ああ~、田舎に引っ越すのか」という、寂しさのような感情を持っておりました(笑)。しかし、この寂しさは引っ越してすぐに吹っ飛びました。

だって、どこへ行っても緑がいっぱいで、大小さまざまな公園があります。季節を感じながら暮らすことの良さを、改めて感じております。住んでみれば、ほどよくスーパーや病院もあるのに気がつきました。車を運転しない私でも不自由なく暮らせます。

とはいえ、やはり都市部の暮らしは便利だったな〜と、ときどき思い出します。こんな私の気持ちの整理も兼ねて、私から見た「都市部住まいVS郊外住まいの便利・不便」をまとめてみました。

■都市部住まいの便利なところ

-何といっても交通の便が良いところ。
乗り換えなしでいろいろなところに行けたり、電車の本数が多くて待ち時間が短い。通勤はもちろん、休日のおでかけにも便利です。

-商業サービス、教育サービス(塾など)がそろっているところ。
忙しい共働き家庭や、子供の受験を考えている親御さんは、とても効率良く合うサービスを探せるでしょう。

-カフェや、レストランが数多くあるところ。
また、駅構内や周辺でイベントなどもしばしば催されるため、余暇も楽しめます。

■都市部住まいの不便なところ

-季節の移り変わりがわかりにくい。
駅近のマンションだったためか、周りはコンクリートの森といった環境でした。マンション内には緑地帯があるものの、一歩外に出ると、目にするのは建物と車と行きかう人々だけ。
季節が変わるたびに、記憶にある季節の色や匂いを想像しては、どこか寂しい気持ちになったのを覚えています。

-自然環境が少ないため、ストレスが発散されにくく、家庭内に持ち込まれやすい。
これはこどもにとっても同じである、と感じました。反対方向には大きな公園が1か所あったんですが、いつ行っても混みあっていて、なかなかゆっくりはできませんでした。

-お金がかかる!
住居コストはもちろん、休日はついついカフェに寄ったり、平日も帰りが遅いと外食しがちです。引っ越し前からおカネレコを使っているのですが、あの頃の食費と外食費に、いつも月末には目を見張っておりました(汗)。
おまけにストレスを感じるとよく花を買って飾っていた私は、花代もそこそこの出費でした(汗汗)。

-こどもの教育に悩まされる。
学力の良い学校に通える、受験塾に通いやすいのは良いんですが、家では宿題とゲームしかすることがない傾向に。長時間になりがちなゲームの影響で、こどもの視力が落ちたのは残念です。

では、郊外での暮らしはどうでしょう。

■郊外住まいの便利なところ

-なんといっても自然がいっぱいなところ。
公園の数だけでなく、全体的に緑が多い。わが家のエリアだけでしょうか、かなりの割合でお店の前に「植栽+メダカ水槽」がセットで置かれています。お店に入らずとも、メダカ観察のためについつい店前に留まります(笑)。

-こどもの外遊びが格段に増える。
前の学校は四方を高層ビルに囲まれていましたが、今は見渡す限りイチョウの巨木があるところ。自然公園のような静かな水辺(ビオトープ)もあって、こどもが夢中で虫探しをしたりしています。
ほとんどのこどもはゲーム機を持っています。ですが、放課後はゲームではなく外遊び。
みんなすぐに宿題に取り組み、終わったとたんに家を飛び出して、公園や小学校に集合するのです。どうやら「宿題が終わったら遊びに行く!」というのが、みんなのキャッチフレーズのようです。
その恩恵でわが子も、私が何も言わなくても「宿題、宿題!」とつぶやきながら机に向かっています。(とはいえ、今の小学校の宿題は、前の小学校と比べてぐっと少ないのです。これは親として少し複雑…。)

-外食にお金を使わない!
これには助かりました(笑)。
ファストフードやファミレスはあっても、行きたくなるようなおしゃれなカフェは、私の住む街にはあまりないのです。休日も含め基本自炊になるので、手間が増えますが、金銭的には大助かりです。その成果もあり、私は家計簿の「外食」のカテゴリーを削除しました。

-もちろん、住居コストも郊外はだいぶ安価です。
都市部と比べて、住居費をかなり抑えることができます。
同じコストをかけるにしても、都市部住まいより広い家に住めるため、住居の満足度が高まります。

■郊外の不便なところ

-電車はやや不便に感じます。
路線が限られるため、目的地まで乗り換えが必要な場合がしばしば。快速が止まらない駅などの場合は本数も減るので、電車の時間に合わせて出かける必要が出てきます。でも、これは慣れればストレスでもなくなります。

-子供の教育サービスへのアプローチが不便。
受験を考えるとどうしても塾に通わせる必要がありますが、郊外の小学校は受験する生徒が少なくて、大手塾があまりありません。目当ての塾に通うために、電車や車で都市部のほうへ通う必要があります。

-カフェやおしゃれスポットが少ない。
私の夫は、「たまには美味しいコーヒーを飲みたいなー!」なんてぼやいています(贅沢です、笑)。

実体験から、ついつい感情移入して長く書いてしまいました…。
今の私は、いろいろ不便があっても郊外暮らしをとても気に入っており、自然の移ろいを感じながらリラックスして生活しています。ですが、いつかは都市部の生活が恋しくなり、また都会に住みたくなるかもしれません。

どこに住むか、どんな暮らしをするかは、いちがいに良いとも悪いとも言えません。ライフステージによっても、価値観が変わってくるでしょう。その時の自分の心の声をじ~っと聞いてあげればどうでしょうか、と私は思うのです。
少しでも参考になれれば、とてもうれしく思います。

ローズ
おカネレコ スマートアシスタンツ
在日歴長く、流ちょうな日本語に加え英語も話せるトリリンガル。スマートな雰囲気の国際結婚ママ。周りを元気にするようなハッピーなエネルギーがあふれているのも持ち味。
最近ワンちゃんも迎えて、ローズ家はますますにぎやかに。
【2秒家計簿おカネレコとは】
らくらく家計管理で、お金が貯まるようになる!480万人以上が利用する人気の家計簿アプリ。たった2秒で簡単に入力できて、続けやすいと大好評。家計簿が続かないと悩んでいた方は、一度試してみては。
★家計簿アプリ「おカネレコ」
https://okane-reco.com
2秒家計簿おカネレコのアプリをダウンロード
\   Popular   /

家計管理・家計簿アプリに関する
人気コラム

知らないと損!ファイナンシャルプランナーが教える絶対にお得なクレジットカードの使い方

知らないと損!ファイナンシャルプランナーが教える絶対にお得なクレジットカードの使い方

世の中、知らないばかりに損をしてしまうことがいっぱい。そんな情報の格差を埋めるために、お金の「得する情報」「活用できる情報」を発信するファイナンシャルプランナー長尾義弘さんが、必ず得をするクレジットカードの使い方をレクチャー。日々の買い物で差がつきます!

家計費の見直しは3つのステップで 家計簿のセルフコンサルティングのすすめ

家計費の見直しは3つのステップで 家計簿のセルフコンサルティングのすすめ

上手に家計見直しをするにはどうしたらいいの?そんな疑問にお答えする、家計簿セルフコンサルティングのすすめです。まずは明るい未来を想像するのが大事。自分でやるから無料。たった3つのステップで、無理なく効率的にできるセルフコンサルティングを徹底解説!

おカネレコ社長の語る「家計費見直しの簡単なコツ」

おカネレコ社長の語る「家計費見直しの簡単なコツ」

家計簿は、家計管理の基礎ではありますが、あくまで最初のステップです。
つけるだけで満足するのは間違い。ぜひ、ふり返りをやってみて下さい。
ひと月でもつけられたら、日々のお金の流れがわかるはずです。

おカネレコ社長の語る「家計簿をつけるメリット」

おカネレコ社長の語る「家計簿をつけるメリット」

家計の管理の仕方は人それぞれ。
コツコツつけている方、これから始めようという方、いろいろいらっしゃると思います。
今日は私から、家計簿にどういうメリットがあるのか、を改めてお話してみたいと思います

家計簿を家族や夫婦・恋人とアプリで共有するメリットや選び方をご紹介します

家計簿を家族や夫婦・恋人とアプリで共有するメリットや選び方をご紹介します

皆さんは、家計をどのように管理していますか?
ご夫婦やカップルのどちらかが管理している場合も、家計の把握は共有した方がメリットは大きいです。
とはいえ、手間をかけたくなければ、おすすめは「家計簿アプリ」を活用すること。

今回は、家計簿をアプリで共有するメリットは何か、また共有する際に、どんな「家計アプリ」を選んだら良いのかについてお伝えします。

\   Category   /

コラムカテゴリ

\   Moneycil   /

オンラインでのお金の相談なら
マネシル

マネシル Moneycil

「人生が変わるお金の相談」ファイナンシャルプランナーとオンライン相談
生命保険・学資保険や投資信託などお金の相談

\   Download   /

家計簿アプリ「おカネレコ」の
ダウンロード

おカネレコのアプリのアイコン
AppStoreGoogle Play
TOPへ