家計簿アプリおカネレコ創業者が語る、家計簿創始者から学ぶ本質とは?

家計簿アプリおカネレコ社長の江尻が、家計について語るシリーズ。日本初の家計簿を作った羽仁もと子さんの言葉から、今も昔も変わらぬ家計の悩みを考察します。お金をコントロールして、自分らしく生きるには?明治時代の羽仁さんの言葉にもヒントが隠れていそうです。

少し前に、AFPというファイナンシャルプランナー資格を取得したおカネレコ代表の江尻です。今回は、少しファイナンシャルプランナーらしいことを書いてみたいと思います。

「家計簿」とはなにか?

長年、家計簿アプリに携わってきて感じるのですが、家計簿とはなんなのか?意外と知られていません。

なにを買っていくら使ったのかという、いわゆる出納帳は、古代からつけられています。私が大好きな古代ローマ時代、約2000年前でも記録が残っているそうです。ヴェスヴィオ火山の噴火で一瞬にしてなくなった古代都市ポンペイの記録でも、一日当たり、パンやワインをいくらで買ったのかという記録が残っているとのことです。(原典は見つけられていないので、今後探していこうと思っています)

また、映画「武士の家計簿」でも描かれているように、江戸時代に細かく収支を記帳している記録も残っています。

今の家計簿のルーツは明治時代

現代の日本で使われている家計簿のもとになっているのは、雑誌「婦人之友」を創刊した日本初の女性ジャーナリスト・羽仁もと子さんが発案したもの。明治37年(1904年)のことです。どういったものだったのだろうかと、羽仁さんの原典をさかのぼってみることにしました。そうして見つけた本が「羽仁もと子著作集 第9巻 家事家計篇」です。羽仁さん晩年の文章で、昭和2年に書かれたものにこうあります。

“以前の各家庭の小遣帳といえば、食べ物でもきものでも、何でも一つに並べて書いて、月末に加算して総合計をだすというやり方でしたら、ほんとうに不完全なものでした。”

従来の管理方法では、家計をうまく管理することができないと、課題を感じていたそうです。

“今から二十五年前、それは家庭之友を出して、間もないころのことでした。当時、新聞社新聞社に勤める主人の小遣は月に十二円でした。何もむだづかいする人ではないのに、どうしてもそれが一と月もたない。”

と、明治時代でもいまと変わらないことで悩んでいたようです。現代も、同じような悩みの方がたくさんいるのではないでしょうか?

“ふっとこの家計簿のことを思いついたのです。そうしてそのとき二人でやっていた家庭之友に書きました。それがみなさんが広く使っていてくださる私の『家計簿』でございます。”

カテゴリーごとの割り当て額を記入しておき、毎日出費を記録して家計を管理できる『家計簿』。これが多くの人に受け入れられ、広まっていったそうです。

“よい予算をたてて、収支をこの帳面に毎日欠かさずしるしていれば、完全な指導者と一緒に、家計をとっているのと同じで、少しも心配がないばかりでなく、はっきりと筋道たった家計をとっていることが、日々の大きな楽しみになるものです。”

おカネレコ社長の思う家計簿

家計簿にはなんの意味があるんですか?と聞かれることがあります。私は家計簿で目指すのは、お金を見える化し、コントロールできるようにすることだと思っています。

家計簿をつけていないと、収支の見える化ができず、コントロールはできません。ファイナンシャルプランナーは、まず最初に「家計簿をつけてください」とお伝えします。現状を把握できないと家計の分析もできず、改善方法をお伝えできないからです。

家計や将来への不安を持ち、やりたいことをやれない方が多くいます。お金をきちんとコントロールし、心の平安を得て、自分らしい人生を生きていく人を増やしていきたい。私はそう思っています。

羽仁さんは、自ら発案の家計簿を「完全な指導者と一緒に、家計をとっているのと同じ」と評しました。家計簿アプリ『おカネレコ』は、家計を一緒に改善していく伴走者でありたい。生活の心配がなくなり、人生の道筋が見えるようになるのをサポートする存在になって行きたいと考えています。

出典 婦人之友社、羽仁もと子著作集 第9巻 家事家計篇、1927

江尻尚平
スマートアイデア代表
ファイナンシャルプランナー/AFP。上智大学理工学部卒業、大手外資系携帯電話メーカーにてサービス企画などに従事。慶應義塾大学大学院経営管理研究科にてMBAを取得。2012年にスマートアイデア株式会社を創業。480万ダウンロードを達成した家計簿アプリ「おカネレコ」および家族向け家計簿「おカネレコプラス」、FPオンライン相談サービス「マネシル」などFintech分野に注力した事業を展開している。ファイナンシャルプランナーとして、テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」などに出演、家計に関わるコメント行う。著書に『お金が貯まる!世帯年収500万円から始める共働き夫婦の超効率家計簿』(徳間書店)がある。

ただし、抜けているところが多く、残念な社長でもある。自分自身が細かいことは苦手なので、ズボラでも残念な人でもハッピーマネーライフが実現できるサービスを目指して、日々がんばっている。
【2秒家計簿おカネレコとは】
らくらく家計管理で、お金が貯まるようになる!480万人以上が利用する人気の家計簿アプリ。たった2秒で簡単に入力できて、続けやすいと大好評。家計簿が続かないと悩んでいた方は、一度試してみては。
★家計簿アプリ「おカネレコ」
https://okane-reco.com
\   Popular   /

家計管理・家計簿アプリに関する
人気コラム

【2024年5月最新】おすすめ家計簿アプリ20選・家計やお金の不安を解消する!

【2024年5月最新】おすすめ家計簿アプリ20選・家計やお金の不安を解消する!

いつの時代においても日々の生活を送る上でお金の管理は欠かせません。食料品の購入、交通費の支払い、住居費、エンターテイメント費など、様々な支出があります。しかし、多くの人々が家計管理に苦労しており、特に無駄遣いを減らしたい […]

【2024年版】家計簿初心者必見!家計簿のつけ方3種徹底比較!

【2024年版】家計簿初心者必見!家計簿のつけ方3種徹底比較!

食費や日用品の高騰が続き、家計やお金周りに不安を抱える方にとって家計管理の重要性はますます高まってきています。家計管理には様々な手法があり、無駄遣い防止のために用途別にお金を袋分けにして管理したり、なるべくクレジットカー […]

家計の管理ってどうしてる?家計簿から始めよう 値上げ対策にも大きな効果

家計の管理ってどうしてる?家計簿から始めよう 値上げ対策にも大きな効果

厳しい値上げが続くなか、家計管理の必要性を感じている方も多いのではないでしょうか。どこから手をつけていいのかわからない!というあなた。まずは、家計簿から始めてみることをおすすめいたします。その効果は絶大。簡単に続けられる家計簿のコツを解説します。

\   Moneycil   /

オンラインでのお金の相談なら
マネシル

マネシル Moneycil

「人生が変わるお金の相談」ファイナンシャルプランナーとオンライン相談
生命保険・学資保険や投資信託などお金の相談

\   Download   /

家計簿アプリ「おカネレコ」の
ダウンロード

おカネレコのアプリのアイコン
AppStore Google Play
TOPへ