2年たっても土地がみつからない!やっと見つけた土地も…私たち、どこに住むの?

マンションから戸建てに引っ越すことを決心したものの、土地探しは難航するばかり。条件を取るか、予算を取るか、だれもが悩む家づくりの体験記です。あっという間に2年がたってしまったローズ家に、好条件の土地が見つかった!でも、一筋縄ではいかなくて…。

3年前に引っ越した、わたくしローズの家づくり奮闘記を綴るシリーズです。
家づくりは大変ながらも、それ以上に楽しいプロセスでした。思い入れがある分、ここでの振り返りもつい熱がこもって長くなりがちですが、わかりやすく書けるように心がけます。
個人の価値観などバイアスが入りまくりなところは、ご容赦くださいませ。これから家づくりを考えるだれかの参考に、少しでもなれば嬉しいかぎりです。

私たち、どこに住むの?

前回のブログでは、わが家が住み替えを決めた理由について書きました。
→条件のいいお気に入りのマンションを手放したわけ~そもそも、なぜ住み替えるの?

マンションから戸建てへの住み替えについて、夫は最初から賛同してくれました。住み替えるぞ!と、夫婦で合意ができるまではとても早かったのです。

時間がかかったのは、「どこに住むのか」でした。夫は場所選びをふくめ、情報収集を私に一任してくれました。

私たち、どこに住むの?-Phase1 転校させないぞ!近場で探そう!

夫婦で相談したうえで、最初は以下のポイントで探しました。

  • やっと慣れた小学校を転校させない(同じ校区で探す)←こどものため
  • 夫の電車通勤のため、駅からそれほど遠くない場所(理想は徒歩10分以内)←夫のため
  • 買物が便利な場所←私のため

すごく都合の良い条件ですよね。
今考えると、なんとも短絡的でお粗末な考えだろうと思いますが、当時は真剣そのものでした。

土地探しは難航しました。
マンションがどんどん建設されるエリアで、なかなか戸建て用の土地が出ません。まれに出ても、私たちの予算を大幅に超えたとうてい手が届かない価格だったり、逆に予算には合うけれども狭すぎて家が建つイメージができなかったり。
まったく手ごたえがないまま、2年ほど経ちました。

その間、一度だけ、これは買うべきでは、と手続きを進めた土地がありました。
その土地は、駅から近く、転校の必要もなし。南道路で日当たり良好。私たちが住んでいたマンションのすぐ近くで、売地の看板が立ったその日のうちに問合せて申し込んだため、優先購入権をゲット。
条件の良い土地ゆえに、不動産会社に問合せが殺到し、私たちのキャンセルを待つ人が何組も出たと聞きました。

さて、そこで私と夫は非常に悩むことになるのです。
2年待って、やっと私たちの条件に合い、かつ予算的にもギリギリ買えそうな土地に出会いました。
しかし待てよ。何かしっくり来ないな。何だろう?このしっくり来ない気持ちは…。
なぜか迷う気持ちが出てきてしまったのです。

でも、不動産会社は考える時間をくれません。「待っている方がいるので早く決めてください。来週契約しましょう!」とプレッシャーをかけてきます。

本当に悩みました。
そして夫婦で出した結論は、「買わない」でした。心の底から納得しないかぎり、買うべきではないと判断したのです。

それまですべて私が不動産会社とやり取りしていたのですが、この決断は私にはあまりに重くて、この時ばかりは夫に不動産会社に電話して伝えてもらいました。

断りの電話を切ったあとの私たち夫婦の落ち込みぶりは、忘れもしません。
やはり買うべきだったのではないか。私たちは一生に一度のチャンスを逃したのではないかと、二人そろってしばらく空虚な気持ちになりました。

沈んだ気持ちをまぎらわすために、夫はその日のうちに、ずっと出来なかったスマホの機種変更をしました。あらたにスタートするぞ!と言わんばかりに(笑)。

この決断は正しかった!とのちのちわかるのですが、あの時は二人とも本当に落ち込みましたね。

ちょっとかっこいい事を言いますよ(笑)。
人生の旅は、いつなにが起きるかわかりません。
自分を信頼し、いったん決断したら、たとえその決断が一見間違っているかもしれないと思っても、「過ぎたこと」ととらえて前だけを向き続ける。そうすれば、必ず道が開けるのでしょう。

過去のつらい決断のおかげで、学びが深まり、次こそよりよい決断ができると信じて。

私たち、どこに住むの?-Phase2 視野を広げるぞ~!

2年かけても私たちに合う土地が出ないのは、「視野を広げて探せ」という神様の声なんじゃないか、と感じました。
そこで当時の最寄り駅からひと駅分、エリアを広げました。この時点ではこどもには言っておりませんが、転校を決心しました。

最寄り駅は大きな駅なので、たくさんの路線が乗り入れています。ひと駅と言っても、候補は数多くありました。
そのなかから、何度か訪れたことがあり、公園や緑地が多い、とある駅にしぼり込むまではそれほど時間がかかりませんでした。

次のテーマは、こどもをどの小学校に通わせるかです。

その駅周辺の小学校は4校ほどあります。住む場所で校区が異なるため、どのあたりの土地を探すか決めるために、まずどの小学校に通わせたいかを決めることにしました。

私はインターネットで、それぞれの小学校のホームページをよく見てみました。歴史沿革、生徒数、教育方針など。
とりわけ注目したのは生徒数です。わが子の性格を考え、いわゆるマンモス校は避け、なるべく生徒数やクラス数が少ない小学校を候補にしました。

また学校周辺の環境も研究しました。どんな施設があるのか、こどもの成長に良さそうな施設なのか、悪い影響を与えそうなものはないかなどにも気を配りました。

最終的にひとつの小学校にしぼり込み、実際に見に行きました。それほど大きな校舎ではないけれども、大きな木々に囲まれていて、四季折々の花や紅葉が楽しめるようになっています。

ここならこどもが楽しく通えるのではと感じ、帰宅して夫に報告しました。夫も賛成してくれたので、これで小学校は決まりました。

仕切り直して土地探し さあどうなる

通わせたい小学校が決まり、土地探しもスタートしました。

物件情報はほぼすべてインターネットで公開されているため、不動産会社にいちいち足を運ぶ必要がないのが便利です。この時代で本当に良かった、とつくづく思いました。

後日談ではありますが、小学校の転校が決まったあと、気乗りがしていない息子の気持ちを前向きにしたわが家の工夫も、以前のブログに書いてあります。
よかったら参考にしてみてください。
→引っ越し決定!その時こどもは?「転校はいや」を「楽しみ!」に変えたわが家の工夫

次回は、私が実際にやった土地探しの方法をご紹介します。

ローズ
おカネレコ スマートアシスタンツ
在日歴長く、流ちょうな日本語に加え英語も話せるトリリンガル。スマートな雰囲気の国際結婚ママ。周りを元気にするようなハッピーなエネルギーがあふれているのも持ち味。
最近ワンちゃんも迎えて、ローズ家はますますにぎやかに。
【2秒家計簿おカネレコとは】
らくらく家計管理で、お金が貯まるようになる!480万人以上が利用する人気の家計簿アプリ。たった2秒で簡単に入力できて、続けやすいと大好評。家計簿が続かないと悩んでいた方は、一度試してみては。
★家計簿アプリ「おカネレコ」
https://okane-reco.com
2秒家計簿おカネレコのアプリをダウンロード
\   Popular   /

家計管理・家計簿アプリに関する
人気コラム

電気代値上げに対抗!ファイナンシャルプランナーに聞く効果ばつぐんの暖房費節約のコツ

電気代値上げに対抗!ファイナンシャルプランナーに聞く効果ばつぐんの暖房費節約のコツ

値上げが止まらないこの冬、暖房費に頭を悩ませる方も多いのではないでしょうか。お金の「得する情報」「活用できる情報」を発信するファイナンシャルプランナー長尾義弘さんが、ちょっとした工夫で電気代を抑える方法を教えます。電気代を節約しながら、暖かい冬を過ごす知恵が満載です。

知らないと損!ファイナンシャルプランナーが教える絶対にお得なクレジットカードの使い方

知らないと損!ファイナンシャルプランナーが教える絶対にお得なクレジットカードの使い方

世の中、知らないばかりに損をしてしまうことがいっぱい。そんな情報の格差を埋めるために、お金の「得する情報」「活用できる情報」を発信するファイナンシャルプランナー長尾義弘さんが、必ず得をするクレジットカードの使い方をレクチャー。日々の買い物で差がつきます!

家計費の見直しは3つのステップで 家計簿のセルフコンサルティングのすすめ

家計費の見直しは3つのステップで 家計簿のセルフコンサルティングのすすめ

上手に家計見直しをするにはどうしたらいいの?そんな疑問にお答えする、家計簿セルフコンサルティングのすすめです。まずは明るい未来を想像するのが大事。自分でやるから無料。たった3つのステップで、無理なく効率的にできるセルフコンサルティングを徹底解説!

\   Category   /

コラムカテゴリ

\   Moneycil   /

オンラインでのお金の相談なら
マネシル

マネシル Moneycil

「人生が変わるお金の相談」ファイナンシャルプランナーとオンライン相談
生命保険・学資保険や投資信託などお金の相談

\   Download   /

家計簿アプリ「おカネレコ」の
ダウンロード

おカネレコのアプリのアイコン
AppStoreGoogle Play
TOPへ